Living with Japanese Gods & Goddess

瑞穂の国で生きる人の日記

ARTICLE PAGE

意識のあり方について

お久しぶりです。約一ヶ月ぶりにこんにちは、かなえです(^-^)/
ブログがなかなか更新出来ずに申し訳ありませんでした(つω-`。)

新年度を迎えてからしばらく経ちましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
気付けば、日中の気温も20℃間近なことも珍しくなくなってきましたね。

私の方はというと、年度末から新年度にかけて私生活がばたばたしておりました。
旦那さまが諸事情により急遽病院へ運ばれ、その後は私自身も急性胃腸炎になってしまったりと……・゚・(つД`)・゚・
でもご心配なく!幸いにも私も旦那さまも大事には至らず、お蔭様で今ではすっかり元気ですよ!

この時期は誰もが何かと忙しく、ついつい自分の事を後回しになってしまいがちだと存じます。
皆様も体調にはくれぐれもお気をつけくださいませ(ノ_<)

私見ではありますが、今振り返ると私にとってのこの一ヶ月間は、自らの意識のあり方について折に触れて学ぶ時期だったのかもしれないなと思いました。
人間というのは、自身の身体の不調を少しでも感じると、意識がどうしても塞ぎがちになります。

なぜそうなるのか仕組みをざっくりと説明するのであれば、傷ついた身体を休ませて回復させるために、敢えて脳からそのような命令が出されるからなんですね。
外は危険なんだよ~危ないよ~だから今はゆっくり休もうね~と、私たちが活動的にならないように脳が一生懸命語りかけているんです。

私たちはワクワクを感じると自然と身体を動かし、活動的になるように出来ています。
そのため、目の前にある「いつもだったら嬉しいこと」はどうしても見失いがちになり、目の前にある「いつもだったら気にしないこと」にどうしてもスポットを当てがちになります。

また、脳というのは「繰り返し」を得意とし、その繰り返しによって認識を構築する器官なので、時には際限なく同じ命令を出し続けることもあります。
だから、似たような現象を繰り返し探し出しては私たちに認識をさせ、私たちに大人しく言うことを聞くように仕向けているんですね。
この機能により、私たちは各個人に準じた世界の秩序の中で生きていくことになります。

今回の私事も、まさに脳が自身の機能により疲れた身体を回復させようと頑張っていた訳ですが、目にするもの耳にするもの、尽く後ろ暗い気分にさせるようなものばかりでして……。
そうなると、私の方はどんどん気が滅入って不安になり、ついには今すぐにどうとなる訳ではないはずなのに、漠然とした将来の不安にも思いを馳せる始末です。返ってそれは行き過ぎなのではないだろうか……と感じる事態に。
もちろん、体調不良には変わりないので、身体を休ませて回復には努めてはおりましたが、余りにも心に余裕がない状態になっていったんですね。


しかも間の悪いことに、旦那さまも旦那さまの方で公私共にばたばたしており、旦那さまもイライラ~っとしていたんです。私もつられてざわざわ~っと気持ちが不安定でした。
そんな状態だったので、なんと一週間に三度も、それも全て別の案件で大喧嘩をしてしまったんですね。さすがにこれはまずいなぁ~と思ったんです。
いつもだったら、こんな事で怒ったりしないんだけどなぁ……と、些細な事で苛立つ自分にもちょっとうんざりしていました。

なんでこうなっているんだろうと、あれこれと考えました。体調不良だからしょうがないのかなぁ?でも、体調だって少しずつでも良くなっていっているはず。それなのに、なんで未だにこんなに辛い気分なの??

そうしたら、目の前にある「いつもだったら嬉しいこと」に全く気付かなくなっている自分を見つけたんですね。
旦那さまの方も確かにイライラしている事はたくさんあったはずです、ついつい私よりもそっちにかまけてしまうこともありました。でも、だからといって全部が全部そうではありませんでした。
いつもと同じように、変わらずに私に与えてくれているものだってたくさんあったんです。
旦那さまだけではありません、どんな時だって「いつもだったら嬉しいこと」は変わらずにそこにあったんです。

それなのに、私は「ありがとう」という言葉を随分と口にしていなかったんですね。
もちろん辛いことも変わらずに同じように目の前にあります。でもそれと同じくらい嬉しいことだって、ちゃんと変わらずに目の前にあるのです。

体調不良から辛いことばかりに焦点を当ててしまい、それに翻弄されるばかりで、いつもあったはずの感謝の気持ちを欠いていたことに、はっと気付かされました。

目の前にかかっていた靄のようなものが、さーっと晴れていくような感覚が起こったんです。

現金かもしれませんが、ある意味開き直ったんだと思います。ついさっきまで鬱々としていたのに、晴れやかな気分になりました。あんなに意気消沈していたのに、光が差したような気がして、意識が高揚しました。
そうすると不思議な事に、その意識に呼応するように翌日から急激に体調が回復し出したんです。実は左目にものもらいも起こしていて鈍痛に悩まされていたんですが、その翌日にぴたっと痛みがなくなっていました。
これには自分でもびっくり。

そうしたらですね、どうもこの件は非物質界の方ではかなり重要な出来事だったようです。
主に意識のあり方についてに関わることだったようなのですが、所謂引き寄せの法則においても最も基本中の基本であり一番大切な基礎の部分ですね。

何に焦点を当てているのか、そしてそこにどんな想いを乗せているのか。

私は理解しているようで、全く理解していなかったようです……知ったかぶりをして、実際に実行は出来ていなかったといっても過言ではありません。
と申しましても、改めて学び始めたようなものなので、まだまだ未熟者には変わりありません。

とにかく、この一ヶ月間はとても良い勉強となりました。非物質界の手配にはいつも頭があがりません、感謝致します。
明日からまたしばらく仕事ではありますが、次回のお休みの日から、またポチポチ更新していこうと思いますので、またよろしくお願いいたします。
関連記事


ぽちっと押していただけると、更新の励みになります。





 
暖かいお気持ちをくださり、誠にありがとうございます。

 

0 Comments

Leave a comment