Living with Japanese Gods & Goddess

瑞穂の国で生きる人の日記

ARTICLE PAGE

白いフクロウの夢

おはようございます。かなえです(^-^)/
私は元々あまり夢見が得意な方ではありません。
見たとしても一週間に一度あるかないかくらいですし、映像はモノクロですし、夢の中での感覚も朧気ですし、見たとしても断片的な場面ばかりなのでストーリー性もありません。
周囲の友人たちに普段どんな夢を見るの?と聞くと、カラーの夢でストーリー性もある、夢の中での五感もはっきりしている、という回答ばかりでして……。え~楽しそうで良いなぁ~と、私が見る夢はこんな感じなんだよと話すと「へー!そうなんだ!」と驚かれる事がしばしばです。私としては、友人たちが見る夢の方が驚きなんですけどね(´◦ω◦`)イイナァ~


そんな私ですが、ごくごくたま~にならカラーで何となくストーリー性のある夢を見ることがあります。頻度としては……二ヶ月に一度あるかないかでしょうか??

そもそも眠る時に見る「夢」とは何だろう?

とある説に、私たちは幽界から「幽体」としてこの世に派遣され、「肉体」と呼ばれる神様からお借りした器に乗り、この世を生きることになるというものがあります。
だから、私たちが眠る時、肉体と幽体との結合が緩み、私たちは再び「幽体」のみとなって「肉体」を離れ、幽界へ帰っている。

その時の記憶こそが「夢」なのである。

前述の説によると、夢とはそういうものだとされているようですね。

そのため、自我を保ってその幽界へ行くとされている体外離脱も、まさしくその「夢」の延長線にあるとされている関係で、離脱訓練をする時、併用して夢日記をつける事は特に有用とされています。
夢そのものに関心を寄せることで、幽界へ行った時の記憶を持ち帰りやすいという理屈なんですね。

しかし。

私も夢日記をつけてはいるのですが、その大半は「覚えていない」という単語で占められており、未だに夢を見ることはあまりありません彡(-ε-;)彡ナンデ ミンナ ソンナ ニ ユメ ヲ ミラレル ン ?
いえ、恐らく夢自体は見ているんでしょうけども、その記憶を持ち帰ることがなかなか出来ないでおります。

そんな私ではありますが、今朝は本当に久々に夢を持ち帰ることが出来ました。
今回はその夢のお話しです。


私は自分の実家によく似た家にいます。
その家では母が小動物を飼っているようです。見ると、一つのケースに鳥の雛が5~6匹程身を寄せ合っています。
そのケースからある日一匹の雛が脱走してしまったので、私はその雛を見つけて無事に保護をします。
ケースに入っている雛はいつまでも雛のままなのに、私が保護をした雛はぐんぐんと大きくなります。
雛の時は何の鳥だか分かりませんでしたが、大きくなった雛は真っ白なフクロウでした。
そこはさすがに猛禽類です、鱗状に覆われた脚は逞しく爪は鋭かったです。
でも、そんな脚の上にある身体はそれはもうふわっふわな羽毛で覆われており、本当にまん丸としたフォルムで可愛くて、私にとても懐いてくれたのが印象的です。
止まり木に止まっていても私がその前に自分の腕を差し出しておいでとすると、素直に私の腕に止まってくれて、そのまま嘴を一生懸命擦りつけてきて甘えてきます。
大きくなってしまったその子を元のケースに戻すことは出来ません。私は母に言われて、その家の玄関に置いてあった空いている鳥籠に入れることになりました。
その鳥籠は古めかしくもアンティーク調のとても立派なものでして、餌箱や水入れには以前のものが入れっぱなしだったので、新しい新鮮なものに交換をしてあげます。
フクロウは鳥籠の中で首を傾げながら、そんな私の方をじっと見つめていました。


以上です。

私個人は夢そのものを特別視する訳ではありませんが、夢は幽界へ行った時の記憶とされています。
そう考えた時、幽界(また別の説では幽界は潜在意識とも言われています)からのメッセージも含まれているかもしれないという点においては100%否定できないものだと思います。

そのため、印象的な夢を見た時は、参考までに夢占い辞典などを見て、そのモチーフの意味を調べてどんな意味があるのかなぁと調べています。
調べたところによると、どうやらフクロウは「直感」や「知恵」「知性」を象徴し、その一方で「不吉」や「悪い事の予兆」という意味もあるそうですね。吉凶両方の意味を持つ象徴とされているようです。

白い動物は全般的に「神の使い」と古くから言われているため、白いフクロウもその例に漏れず「神の使い」とされ「幸運の象徴」とされているそうです。
そうなると、後は私が夢の中でその白いフクロウとどのように接したか、どのような印象を抱いたかが重要と考えられます。

夢の中の白いフクロウさんはそれはもう可愛らしくて、私に大変懐いてくださっていたので、その触れ合いはとても幸せな時間でございました。
しかし、そのフクロウさんを今後どのように飼っていこうか考えた時に、私は夢の中の母に言われて、何の疑問も抱かずに鳥籠にしまおうとしています。
鳥籠に入れられたフクロウさんは首を傾げながら、私をじっと見つめていました。夢はそこでお終いです。

そうなると……何となくではありますが、私が一度手にした「直感」を、外部からの情報や影響により逃してしまう、または無意識に内に仕舞い込んでしまい活かすことが出来ない暗示、になりますでしょうか。

外部からの情報は時に大変役立ちます、けれどもそれは、本当に自分にとって必要なものなのか、そういう精査をしてこそです。ですので、何も考えずにただ鵜呑みにしてしまうのは、ちょっと考えものですよね。
私は夢の中の母親に言われて、何の疑問も持たずにフクロウを古い鳥籠にしまおうとしています、鳥籠は自由を求める象徴とも言われています。夢の中で見た鳥籠が、古い鳥籠ならば尚更かもしれません。
私は親を始めとして周囲から受け継いだ既存の価値観(古いパターン)に囚われてしまい、せっかく迎えた変化(自己成長)の時を自分には無理だと無意識に思い込んでしまい、無かったことにしようとしているのかもしれません。

う~ん……そう考えると確かに、最近はなかなか自分の調べ物や学習進度がうまく進まずにヤキモキしているのは事実ですね。
もしかしたら、この夢には私の焦りが濃厚に反映されているのかもしれません。

けれども、白いフクロウさんが出てきたことは、裏を返せば、今私が掴もうとしているのは「私にとっては大変良いこと」とも取れます。
夢の中の白いフクロウさんとの触れ合いは、自分の事を心から慕って信頼してくれているのがありありと伝わってきて、とても幸せな時間でございました。
ひょっとしたら幽界の方も、今の私を応援してくれているのかもしれませんね。

今の学習については、確かに焦ってしまう場面も多いですが、着実に自分の変化に結びついているんだと思い、また気を引き締めて頑張りたいと思います。

という訳で、今朝見た夢の話でした。
関連記事


ぽちっと押していただけると、更新の励みになります。





 
暖かいお気持ちをくださり、誠にありがとうございます。

 

4 Comments

洸咲 和苗(コウサキ カナエ)  

nさま

nさん始めましてこんにちは、管理人のかなえです。お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした(>_<)

この度は、検索からいらして下さったんですね!ありがとうございます!
ご迷惑だなんてとんでもないです。こうやって反応を頂けるのはとても嬉しい事ですよ。

お話しにございました秩父神社と言えば、御祭神は八意思兼命さんでしたね。
思兼命さんは知恵の神様、フクロウさんも知恵を象徴する鳥ですね。

思兼命さんについては、実は先日他の方面からもお誘いを受けたばかりでしたので、nさんのお言葉に思わずどきっとしちゃいました。
もちろん、偶然かとは存じますが、こういった一致はやっぱりシンクロニシティなのかなぁとも思い、とてもドキドキしますね(♡´ω`♡)

秩父地方については有難くもご縁を頂いておりますので、また折を見て足を運びたいと存じます。素敵な情報をくださり、誠にありがとうございます。

お蔭様で、私の方は今年は充実した連休を過ごすことが出来ました。nさんの方も素敵な連休をお過ごしになられたのでしょうか?

この度はコメントをお寄せ下さり、ありがとうございました。
5月もすっかり終盤ではありますが、また遊びに来てくださると嬉しいです。

2017/05/19 (Fri) 18:50 | EDIT | REPLY |   

n  

はじめまして。nと申します。
検索から辿り着きまして、気になりましたエントリーへの書き込み、ご迷惑でなければ失礼致します。

フクロウの夢は私も何度か見たことがあるのですが、勘の鋭いひとの場合は秩父神社に呼ばれている暗示が多かったです。
夢でじっと見つめられるのは、注目や抜擢、相手の霊がこちらに興味を持っている意味であったことがありました。
霊との交流があったり、もしかすると眷属さんを派遣してくださるのかも?
この時期、秩父は寒いのですかね。暖かいといいですね。
よい連休をお過ごしください。

2017/04/28 (Fri) 23:33 | EDIT | REPLY |   

洸咲 和苗(コウサキ カナエ)  

11さま

11さん、こんばんは。お返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした
この度もコメントを下さり、誠にありがとうございます。

11さんがご覧になられた夢は、もしかしたら11さんの現状に合わせた非物質界からの後押しだったのかもしれませんね。
今の自分に照らし合わせて符号が一致するような夢を見ると、夢も不思議な体験なんだなぁと改めて認識させられますよね。

私の方も11さんのコメントを返信している今、この記事の夢の内容も、もしかしたらこの一ヶ月間の私へのメッセージだったのかもしれないなぁと改めて気付かされました。

いえいえ、私も一人の人間です。幸運に思える夢を見ると、うきうきしちゃってこっそりよっしゃ!なんて思っていますよ。
その幸せな気分に充分に浸ってちょっと気持ちが落ち着いたら、客観的に読み解くように心がけています。

そうですね…例えば、相談者にアドバイスをする夢占い師の側になりきって、解釈してみたらどうでしょうか。
11さんの目の前にもう一人の自分がいると思ってください。目の前の自分が相談者さんです。今朝見た夢はどういう意味があるんでしょうかと、真剣な面持ちで11さんに相談をしに来られています。もしかしたら、今朝見た夢と一緒に関連するような私生活のことも話してくれるかもしれませんね。
対して11さんは夢占い師です。相談者さんがその夢を現実世界に活かせるように、出来る限り多方面からアドバイスをあげたいと考えています。さて、11さんなら相談された夢をどう解釈いたしますか?

これは敢えて第三者の立場を取ることによって、自分の期待や気持ちから距離を置くことが出来るテクニックになります。
繰り返し実行していると、いつもなら気付かないような事でも、不思議と閃いたりすることもありますよ。もし宜しければお試しくださいませ。

改めてこの度もコメントをくださり、誠にありがとうございます。
またいつでも遊びに来てくださいね。

2017/04/15 (Sat) 19:53 | EDIT | REPLY |   

11  

こんばんは。
かなえさんは夢日記をつけていらっしゃるのですね
私は前職を辞めようか悩んでいる時に「職場の人と一緒に乗っている循環バスから一人で降りる夢」を見て夢占いに興味を持つようになって以来、夢を見るたびにその夢の象徴をググるようにしています。
ただ、自分の場合夢を読み解くときに願望が前面に出過ぎて冷静な判断がしにくいんですよ。
その点かなえさんは幸運の象徴に浮かれたりせず、冷静に現在の状況に対する戒めを汲み取り現実世界に生かそうとしているのが流石だと思いました。「なんか良い夢かも!ラッキーw」で終わらせるのはもったいないですものね

2017/03/25 (Sat) 22:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment