Living with Japanese Gods & Goddess

瑞穂の国で生きる人の日記

ARTICLE PAGE

明日は節分の日ですね。

こんばんは、かなえです。珍しく、二回目の更新となります。
何故ならば、明日は私たち日本人にとって、とっても重要な日だからです!

改めまして、こんばんは。管理人のかなえです(^-^)/
明日は2月3日ですね。私たち日本人ならば、誰もが知っている「節分」の日です!

豆を用意して「鬼は~外、福は~内」と言いながら撒く定番の行事ですよね。
恵方巻きと呼ばれる巻き寿司を食べる習慣も、じわじわと全国的に広まってきています。
今更特に取り上げる事もなさそうな、一見何の変哲もない行事ではありますが、実はこの日はとっても大切な日なんですよ~(9`・ω・)9

そもそも節分は2月3日も含めると、年に四回もある事をご存知でしたか?
節分は「季節を分ける」と書いて、節分と読みます。
現代で節分と言えば、真っ先に思いつくのが先にも述べた「2月3日」ですよね。
その翌日は、申し上げるまでもなく、もちろん2月4日となります。さて、何の日でしょうか。

そう、立春です。

体感としてはまだまだ寒くてまるで冬のようではありますが、暦の上では春を迎えたことになります。

実は立春以外にも、各季節に対応した「立夏」「立秋」「立冬」があるんですよ。
つまり節分とは、各季節の始まりの日の前日のことを指す日なんですね。
だから、節分は年に四回もあるんです。

そして、旧暦では春が新しい一年の始まりと考えられ、特に重んじられてきました。
そのため、次第に節分と言えば春の節分である「2月3日」の事を指すようになったんだそうです。

2月3日の節分は、新しい年を健やかにお迎えするための、とても大切な御祓いの日だったんですね。
明日という日を境に、この国はまた新しい年を迎えることになります。

この国の四季折々の時節と共に生きるのが私たち日本人です。
種まきを春に行ない秋にはその実りを収穫するように、春に始めた物事は実りを得やすいとも言われています。

いかがでしょうか?明日という日を境にして、何か新しい事を始めてみませんか?

見えないし聞こえないかもしれないけれども、私たちにぴったり寄り添うように感じられるこの国の息吹。時代に合わせて変化する新しいリズムも、もちろん素敵だと思います。
でも、その一方で、この国に昔から脈々と息づいているリズムとも一緒に過ごすことで、心穏やかに……けれども凛と生きていけるのではないか、私はそんな風に感じています。

明日の節分、皆様はどのようにお過ごしになられますか?♪(/・ω・)/ ♪
関連記事


ぽちっと押していただけると、更新の励みになります。





 
暖かいお気持ちをくださり、誠にありがとうございます。

 

0 Comments

Leave a comment