Living with Japanese Gods & Goddess

瑞穂の国で生きる人の日記

ARTICLE PAGE

健康と体力づくり

若い時から運動らしい運動は敬遠してきたタイプでして……はっきりと申し上げまして運動不足です。

若い時は、ちょっとした怪我も病気も、その若さでカバー出来るので、怪我をしてもそんなにケアしなくたってすぐに治っていましたし、例え風邪をひいて熱が出たとしても市販のお薬を飲んで一晩寝ていれば、翌日にはぴんしゃんしておりました。

実は先月、とある整体院へ行って来たのですが、生まれて初めて鍼治療等を受けて来たのです。
対応してくださった先生が、まずは私の身体の状態を測るために触診をしてくださったのですが、肩の凝りによる両腕の上がらなさに「すごいねぇ」と一言。
昔から、万歳や腕を上に上げることが苦手だなぁとは思っていたのですが、どうも自覚がないほどに慢性的に肩が凝り固まっていたのが原因だったようです。加えて、胃腸が弱っているとも言われました。

施術後は嘘のように肩が軽くなりましたし、胃腸の調子も良くなったので、今までどれだけ負担を強いながら過ごしていたのかと反省するきっかけとなりました。

施術から日数がたった今、再び肩が凝り始めているらしく「肩が凝るということはこういう事か!」と、絶賛体験中でございます。肩甲骨からゆっくり肩回しをして解しているのですが、ごりごりごりと音が致しますよ。

今思えば、10代20代の頃は、若さにかまけて「健康」というもの対して、特に気にもかけておりませんでした。もしかしたら、若気の至りで誰しもがかつてはそうだったのかもしれませんが……。

けれども、風邪を一旦ひいてしまうとなかなか治らなくなったなぁとか、徹夜をして無茶をすると疲れがなかなか取れにくくなったなぁとか、年を負うごとに、ひしひしと ひ し ひ し と感じています。(私よりも一回り以上年上の旦那さまからは「甘い!甘すぎ!そんなのまだ序の口だからね!」と大変重みのあるお言葉を頂きました……)

ですので、自身の健康のためにも、運動を取り入れようと検討中でございます。今の時期はまだ寒いので、一先ずは室内で出来るものからと思い、踏台昇降運動を始めようと思いました。
春になるまで、地道に筋肉を育てようと思います。暖かくなったら、ウォーキングもしようかと……!

身体を鍛えることは免疫力アップにも繋がりますし、何より身体は私たちにとって資本ですしね。
良い機会なので、じっくりと自身の健康について考えてみようかと思っております(^-^)/
関連記事


ぽちっと押していただけると、更新の励みになります。





 
暖かいお気持ちをくださり、誠にありがとうございます。

 

0 Comments

Leave a comment