Living with Japanese Gods & Goddess

瑞穂の国で生きる人の日記

ARTICLE PAGE

思考ツールとしての「書く」

私は、書くということが好きです。
ぐるぐると落書きをしたり、思っていることを取り敢えず書き留めたり…。
あまりのぐしゃぐしゃ加減に、後で見返してみると、恐らく私以外の人は解読ができないのでは?とさえ思ってしまいます。

皆さんは自分のふと湧き出た気持ちや何かもやもやとした考えをまとめるために、どのような手段を取られていますか。

私は専ら「書く」ようにしていますφ(..)

と言いつつ、現在従事している仕事では、オフィスには記録媒体は一切持ち込むことが出来ないので、アイディアが浮かんだ時はすごく不便なんですけどね。
オフォス内でメモしたものも持ち出し禁止となっているため、仕事中は仕事の事だけを考えるようにして、どうしても思いついちゃったものは、休憩時間に大急ぎでオフィスを出て、自分のロッカーに締まってあるノートにメモを取ったりします(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)

書くと申しましても、誰に見せる訳でもないので、綺麗に書くということはしておりません。
ノートの罫線も基本的には無視!文字の大きさも綺麗さも無視!!自分さえ分かれば良い!!と、もう思い切りよく使っています。

これがなかなか良いものでして…とりあえず、書くという行為を持って自分の中のものを吐き出すことが出来るので、不思議とすっきりします。
後で見返すと、繰り返し同じ単語や気持ちが書いてあったりして、ああ、私こんな事を考えていたんだなぁとか、今はそんなことを気にしているんだなぁと、新たな発見に繋がっていたりします。
まるで、自分自身からの伝言を見ているようです。そのため「気付き」にも繋がっているので、自分と向き合うための良き思考ツールになっていますよ。

例えば、ちょっと今疲れているんだなぁ~と気がついたら、それをもとにして今週の予定を改めて見直して調整をしたりもします。
そうやっていくと、自分の事を俯瞰で見れますし、日常の計画も立てやすくなるのでおすすめですよ。

メモを取る際はどんなノートでも紙でも構いません。チラシの裏でも良いんです。(後で見返すことも大切なので、紙単体ならば書き終わった後はファイリングすることをおすすめしますよ)

私は、ちょっとかっこつけて、トラベラーズノートのレギュラーを自分仕様にカスタマイズして使っています。カスタマイズ(中身のリフィルについては自分で手作り)しているので愛着が湧きますし、定期的にお手入れをしているので革がもう良い感じに良い色になってくれて、その上しっとりと自分の手に馴染んでくれるので、とっても使い心地が良いんです。大好き!たまりません!!(*^q^*)
スケジュール帳では0.28のペンを使用しているのですが、こちらでは思い切り書きたいので0.5のペンを別に用意して、もう本当にぐしゃぐしゃーって気兼ねなく書いていますよ。

後、個人的に気になっているのですが、薄いメモ帳というのも良いかもしれません。ちょっと欲しいです。
もっとも、こちらの商品はカバーのみでして、中身であるメモ用紙リフィルは、A4コピー用紙を自分で用意します。そのため、カバーさえ買ってしまえば、すごく経済的!

このA4サイズのコピー用紙1枚をですね、ある方法で折って使用すると、素敵なメモ用紙が出来るんですよ。
これはなんてすごいアイディアだろう!と初めて知った時は感動しました。
リンク先にその折り方も掲載されているので、是非見てみてください(((o(*゚▽゚*)o)))

これならば、例えば、あ!そうだった!あれ買わなくちゃ!とか、更にささっとメモをしたい時に、一枚~二枚用意して、トラベラーズノートに挟んでおくのも良いなぁと思いました!
是非参考にしてみてください。


ぽちっと押していただけると、更新の励みになります。





 
暖かいお気持ちをくださり、誠にありがとうございます。

 

0 Comments

Leave a comment