Living with Japanese Gods & Goddess

瑞穂の国で生きる人の日記

ARTICLE PAGE

クリアファイル家計簿はじめました

先日、どんな家計簿にしようか悩んでいる、と書きました。
無事にどんな家計簿にするのか決まりました!!



書かずに貯まる! クリアファイル家計簿
いちのせかつみ(著)

いちのせかつみさん提案の、クリアファイル(実際は20ポケット以上あるクリアブック)を使用した家計簿です!
正確には家計簿をつけない方法なので、直感的に実践できる支出コントロールトレーニングと言えるかもしれません。

いちのせさんは、家計の全体的な数字に注目するのではなく、まずはこのクリアファイル家計簿を用いて日々の食材と日用品の出費コントロールを制することに活路があるとされています。

日々のお買い物で、私たちは食材と日用品を購入します。
その時に、お財布に資金が入っているとついつい気が緩んでしまい、ついでに「あ、これ安い!」とか「あ、これも買ってっちゃおう!」と言っては、実は必要でもないものを買っているというのです。
このちょっとした無意識の積み重ねが、結果的に「月末は、なぜかいつもお金が足りずに結局赤字」「そもそもなぜ貯まらないのか原因が分からない」という事態を招いているとのこと。

これは改めて言われると、その通りだと身につまされる思いでした(つД`)
ついついレジ横のお菓子とかお団子…レジに並んでいるときに、旦那さまとお茶しよう~とかこっそり内緒で食べちゃおう~とか思って、ついついカゴに入れちゃうんですよね(*´~`*)
そして、ついさっき銀行でお金を下ろしたばかりなのに、お財布を見ると、あれ?もうない…???なぜ…!?となる始末です。
耳が痛いです!

それならば、最初からお財布の一日の予算を決め、そこからやりくりをするべし、とありました。
確かに理屈はそうですよね。でも、目新しくないな…しかし提示されていた額に、思わず目を丸くしてしまいました。

なんと「2000円」というのです!!

ええええええええええ!?!?ほ、本当にそんな小額で出来るの!?!?(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

最初から不安が頭をもたげます。こ、これは…私なんかがやったら失敗なのでは???
しかし、いちのせさん指導の下、食べ盛りのお子さんがいるご家庭でも、皆さん意外にこの2000円でいけたとあったのです。
な、なんとー!!!そ、それならば…実践あるのみだな!と思い、ちょうど家にあったクリアファイルを、本にしたがってカスタマイズ致しました。(と言っても、ファイルの中に入っている用紙の裏表に日付を書くだけなんですけどね!)

早速銀行で両替して頂いた1000円札を、1日2000円として、合計62000円を小分け致しましたよ。

おおお、何だかお金の本みたいです!1ページ毎に、2000円が綺麗に31日分も入ってるって、何だか圧巻!

我が家は、夫婦共働きのため、食材についてはまとめ買いをしているのですが、今回はそのスパンをちょっと短くして買い物に出てみました。
そして、今日一日で実感したのですが、これは…思った以上にやりがいがあるかもしれません!

まず、買い物の意識が変わりました。1日2000円と分かりやすく、しかもギリギリの予算です。
だから、自然と値段に目がいくし、財布の紐も固くなります。
そして、本当にこれは必要かな?と思うようになりました。
商品によっては、あ…在庫見てくるの忘れた…よし、次回にしよう。また買い物には来るし。
ってそのまま棚に戻したりとか。とか!!

いつもは、お財布にお金が入っているので、まぁいっかって買っていたんですよね…。
なるほど、こういうことなんだ…と思いました。

買い物から帰ってきたら、残ったつり銭とお店のレシートをそのままクリアファイルに戻します。
何にいくら使ったのかとか、計算はしないんですよ。元のページに入っているのは、今日のお釣りとレシートだけ。
でも、これが、視覚的にとっても訴えるものがありました。

お!これくらい残すことができたんだな~!意外といけるじゃん!!

って、なんだか良い感じに達成感があったんです。この調子で残していけば、月末には結構そこそこの額が合計で残っているかもー!?って、ワクワクしちゃいました(((o(*゚▽゚*)o)))
しかも、クリアファイル家計簿の良い所は、月末に残った合計金額は、何に使っても良しとしているところでした。
そのまま貯蓄しても良し、家族皆で思い切り使うのも良し、気が早いですが、何に使おうかなぁってちょっとドキドキしちゃいました。

まずは、1ヶ月間実践してみようと思います!
途中経過など、また記事にしてみますね。

紹介致しました本には、この家計簿のやり方のコツや、お金の使い方に対する意識など、ためになることもたくさん書いてありました。
もし、ご興味ございまして本屋さんなどで見かけた時は、是非手にとってみてくださいませ。
おすすめですヽ(≧∀≦)ノ
関連記事


ぽちっと押していただけると、更新の励みになります。





 
暖かいお気持ちをくださり、誠にありがとうございます。

 

0 Comments

Leave a comment